人権資料・展示全国ネットワーク(人権ネット)  加盟団体・機関 紹介
柳原銀行記念資料館
ホームページ http://suujin.org/yanagihara/
郵便番号 600-8206
住所 京都府京都市下京区下之町6番地の3
電話番号 075-371-8220
ファクス番号 075-371-0295
開館時間 10:00〜16:30
休館日 月曜日、火曜日、祝日
年末年始(12月29日〜1月3日まで)
展示替え期間(3日間)
入館料 無料
交通機関 ・市バス205系統、17系統「塩小路高倉」
 バス停下車、東へ徒歩3分
・JR京都駅から東へ徒歩約8分
駐車場 なし
【概要】
 柳原銀行は,柳原町(現崇仁地区)の町長であった明石民蔵ら地元有志によって、1899(明治32)年に同和地区内に認可、設立されました。この銀行は、同和地区住民による地区内に設立された唯一の銀行であり、地元産業の振興や教育の向上に多大な貢献をしました。大正期には、山城銀行と改称し営業を拡大しましたが、金融恐慌の影響を受け1927(昭和2)年に閉店し、その後、建物は、商店や借家として1993(平成6)年まで使用されました。

 当時、建物は河原町通・塩小路通の南西角に位置していましたが、ここが崇仁地区を南北に縦断する国道24号線の拡幅工事場所となり、1986(昭和61)年に買収され取り壊すこととなりました。

 これを契機に、地元まちづくりのシンボルとして建物の保存運動が盛り上がり、「保存に関するシンポジュウム」の開催や「柳原銀行とその時代」の発刊等、様々な取組が行われました。また、平成元年に実施した京都市が行った建物調査において、当銀行建築物は設計密度の高い明治後期の洋風木造建築物であることが判明し、1993(平成6)年に京都市登録有形文化財(市登建23)となりました。

 このような経過の中、建築保存に対する地元の熱意と京都市の取組があいまって、1993(平成6)年度から建物の移築、復元、保存事業に着手し、この度、1996(平成9)年11月28日から京都市崇仁隣保館資料室『柳原銀行記念資料館』として開所しました。当施設は建物内に展示室を設け、同和地区関係の歴史、文化、生活資料等を中心とした展示を通して、広く市民に対し同和問題への正しい理解と人権意識の高揚を図る啓発拠点施設として活用を図ります。