人権資料・展示全国ネットワーク(人権ネット)  加盟団体・機関 紹介
京都部落問題研究資料センター
ホームページ http://www.asahi-net.or.jp/~qm8m-ndmt/
郵便番号 603-8151
住所 京都府京都市北区小山下総町5−1 京都府部落解放センター3階
電話番号 075-415-1032
ファクス番号 075-415-1032
開館時間 10:00〜17:00
休館日 日曜日、祝日、第1・第3・第5土曜日
入館料 無料
交通機関 JR京都駅より地下鉄烏丸線国際会館方面、鞍馬口駅下車徒歩2分
駐車場 なし
【概要】
 当センターの前身である京都部落史研究所は、1977年に『京都の部落史』の編纂を目的に発足しました。『京都の部落史』の編纂と前後・平行しながら、京都府の『井出の部落史』(1989年3月)、滋賀県の『近江八幡の部落史』(1995年10月)、『野洲の部落史』(2000年3月)等の編纂もおこなってきました。これらの編纂活動は、地方における実証的な部落史研究の先駆的なものでしたが、1995年12月に『京都の部落史』全10巻を完成させ、当初の目的を達成したため2000年6月をもって、京都部落史研究所は閉所しました。
 京都部落問題研究資料センターは、京都部落史研究所が部落史編纂のために収集した図書・資料を活かしながら、部落問題・部落史の図書館・情報発信センターとして2000年7月に再スタートをしました。
 部落史編纂をすすめる中で収集した図書・資料を研究者だけでなく、多くの方々にご利用していただけるように一般開放しています。利用サービスとして貸し出し(会員のみ)、複写、図書資料に関するご相談をお受けします。

[業務内容]
■図書室の一般開放
■当センター内での研修や地域での学習会・講演会への講師派遣・紹介
■学生・大学院生の論文執筆支援
■部落史・啓発書編纂アドバイス
■インターネットでの情報提供